風景写真を主とし、その他日常のあれこれ


by H_W_Moon
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

柿すだれ撮影行

 昨日、天気予報を信じて山梨県の塩山まで、柿すだれの撮影に行ってきた。今回はクラブの写友4名と一緒で、私が案内役となり責任重大であったが、生憎の曇り空で期待に沿えなかったのは残念である。
 今回はあずさ3号で船橋から塩山まで乗り換えなしで行ったが、自由席が思いのほか混んでいるのは意外であった。
 塩山に9時前に着き、早速タクシーで恵林寺前まで直行、近くの農家の庭先に入れてもらい撮影を始めた。
b0111568_1934256.jpg
おいしそうな果汁が絞り出されたような柿。このところの天候不順が影響?
b0111568_19343719.jpg
恵林寺境内でちょっと撮影
b0111568_19375463.jpg
近くの土産物屋で生柿(甲州百目柿)を4個買いました。さすがにずっしりと重い。今日、皮をむいてつるし始めました。きれいな枯露柿まで行けるか、あんぽ柿で終わるか、そこまで行かずに腹中に収まるか、お楽しみ。
b0111568_19425118.jpg
近くのワイナリーで母屋を撮影させてもらいました。
b0111568_1945514.jpg
タクシーで塩山駅前まで戻り、ちょっと早い昼食。皆さん朝が早かったので、名物のほうとうを奮発。具だくさんで美味。とても全部は食べきれませんでした。
b0111568_1948144.jpg
その後、駅前の甘草屋敷に。ここは枯露柿を商品として作っているわけではないので、干し方がむしり自然で写真になりやすい。太陽が出ていないので、障子に映る柿の陰などが出ず残念な面もあった。写友には次回晴天を狙ってきてほしいと話した。
b0111568_19534320.jpg
b0111568_1954029.jpg
b0111568_19541552.jpg
b0111568_19542751.jpg

# by H_W_Moon | 2015-11-13 19:55 | 写真全般

道北撮影旅行--追記--

 利尻富士の夕景撮影の時飛んでいる鴨の群れを撮影できたのでこれを写真に入れてみた。
b0111568_21574688.jpg

# by H_W_Moon | 2015-10-11 21:58 | 写真全般

道北撮影旅行--4--

 早朝撮影から帰り、ホテルで遅い朝食をとって、9:00から次の撮影に出発した。翌2日が爆弾低気圧の影響で、撮影ができないと予想され、当日午後も天気が思わしくないので、午前中頑張る予定となった。

 「一本の木」として、「ケントメリーの木」「親子の木」「哲学の木」「セブンスターの木」など名前の知れた木が有るが、カメラマンが集まって農作業の邪魔になると嫌われところも多いようだ。小林講師ご自慢のこの一本の木は、アラスカ杉の大木が牧場の丘の上に立っている。農場主に断ったうえで写真を撮らせてもらった。勿論撮影しているのは我々だけである。
b0111568_1759023.jpg
b0111568_17591455.jpg
ここは本来、夕日をバックに撮影する予定であったが、天候だけは如何ともし難い。夕刻再訪したが、太陽は出ず残念。
b0111568_17593411.jpg
近くの牧場の牧草ロール
b0111568_187721.jpg

 一本の木撮影のあと、南サロベツ原野で撮影した。
b0111568_1893374.jpg
b0111568_1894838.jpg
b0111568_189591.jpg
b0111568_18101898.jpg
b0111568_18104960.jpg

北北海道撮影旅行 終わり
# by H_W_Moon | 2015-10-06 18:11 | 写真全般

道北撮影旅行--3--

 2日目の朝は4:00起床、4:45出発で大規模草地牧場の朝景撮影に出かけた。舗装道路からの撮影であり、たまに高速で走りすぎる車にさえ気を付ければ、足場はよく三脚もしっかり立てられるので気持ちよく撮影できた。
 快晴とまではいかなくとも、朝霧も朝日も出て今回一番の目玉となった。
b0111568_9391225.jpg
b0111568_9401424.jpg
b0111568_9404719.jpg
b0111568_943465.jpg
遠くで牛が草を食んでいた
b0111568_9421398.jpg
b0111568_944105.jpg
名前はわからないが、白い花を望遠レンズの最近接撮影で
b0111568_9462258.jpg

# by H_W_Moon | 2015-10-06 09:46 | 写真全般

道北撮影旅行--2--

一日目の夕景撮影はサロベツ原野のパンケ沼からの利尻富士の夕景撮影。パンケ沼(パンケぬま)は、北海道幌延町字下沼、サロベツ原野に位置する円形の塩沼(汽水湖)。天塩川の下流域に位置する。水深は約1.8mほどで概して浅く、沼と名付けられているものの、面積は3.55km²もある大きなものである。
 
 木道沿い所々に展望台があるが、一行16名のカメラマン、カメラウーマンを収容するにはちょいと狭い。譲り合い分散して三脚を立てた。狙いはシルエットで浮かぶ利尻富士であるが、当日丁度初冠雪となった天候は我に利せず。
b0111568_9124214.jpg
b0111568_918784.jpg
b0111568_9125797.jpg
丁度鴨らしき群れが飛び去ったが、これが写真に入るとベストショットだが・・・
b0111568_9145019.jpg
目の前の葦の葉を入れて夕焼けを寫すと
b0111568_9171489.jpg

# by H_W_Moon | 2015-10-05 09:18 | 写真全般

道北撮影旅行--1--

 9月30日から10月2日まで、クラブツーリズムの企画した道北の撮影旅行に行ってきた。生憎、爆弾低気圧の影響で、最終日の2日は撮影を取りやめ、稚内から帰る予定を旭川からの便に乗り換え、何とか帰ることができた。

 最初の訪れたのは日本最北の丘陵地帯”宗谷岬”の「貝殻の白い道」。白い貝殻を一面に撒いて白く輝くダート道
b0111568_92336100.jpg

 正面に利尻富士を望み、夕景と組み合わせれば中の景観になる
b0111568_936652.jpg

 宗谷岬周辺には風力発電施設が多い
b0111568_938125.jpg

# by H_W_Moon | 2015-10-04 09:38 | 写真全般
 今年5月に入手し、ベランダで育てていた「グー・チョキ・パー」(ユーフォルビア・オンクラータ 綴化)がずいぶんと大きくなった。3号鉢でちょっと鉢からはみ出すくらいの物だったので、横幅10cmくらいだったろうか。
b0111568_1728476.jpg

 それが今では20cmを超えて大きくなってしまった。綴化した部分が成長し横幅が大きくなったばかりでなく、正常分も大きくなり背も高くなってしまった。
b0111568_17331814.jpg
成長期間に植え替えるべく、今日一回り大きな4号鉢に植え替えた。
b0111568_17353175.jpg

 正常部もあまり間延びをしてしまうとバランスが悪い。切り取って別に仕立てたほうが良いのではと悩んでしまう。
# by H_W_Moon | 2015-09-19 17:38 | 多肉植物
 粟野十字路にある玉子屋さんのご主人から電話をいただいた。かねてより製作していたアルプホルンが完成し、来年から施行される「山の日」にちなみ丸ポストに飾ったという。
 3.5mの手作りアルプホルンと、ちょっと大き目なチロリアンハットが丸ポストを飾っていた。
b0111568_12405779.jpg
b0111568_1243622.jpg

 普通は丸太をくりぬいて作られるホルンを、10mm角程度の木片を張り合わせて作るなど、独特の工夫がされている。適当な太さの杉丸太の表面に、トイレットペーパーの芯の紙を全面に張り、その上に小さな木片を隙間なく貼った後、中心の杉丸太を抜いて作られている。ところどころに補強と飾りを兼ねて4mmのロープを巻いているが、全長140mに達したそうである。
b0111568_12575489.jpg
b0111568_12581131.jpg


ところで、「山の日」とは何なのだろう。日本の祝日は、天皇誕生日のように国家・天皇に関するもの、新嘗祭から名称変更された勤労感謝の日のように神事に関するもの、秋分の日のように季節に関するものまではわかるが、戦後追加されたものが、東京オリンピックを記念した「体育の日」、明治天皇が船で東北巡幸をされたことを記念した「海の日」、やみ雲に休日を増やすために作った「5月4日」などは論外である。
 「山の日」は海の日があるから山の日もあっていいのでは、という極めて安易な考えで作られたらしい。欧米に比べて休日の多い日本でこれ以上休日を増やす必用などないはずだ。当初旧盆につなげて、8月12日を考えていたようだが、日航ジャンボ機123便の事故の日に当たるので一日前に持ってきたらしい。
# by H_W_Moon | 2015-08-11 13:32 | 丸ポスト

マハラジャ

 名前と形が奇妙奇天烈なものについ目移りしてしまう。先日ケイヨーD2の園芸売り場で、ユーフォルビア・マハラジャを見つけた。
b0111568_9391533.jpg
学名: Euphorbia lactea(ユーフォルビア・ラクテア・クリスタータ)、科名:トウダイグサ科、
属名:ユーホルビア属、原産地: インド
 多肉の形状が突然変異のように変形して奇妙な形 ( 綴化 せっか ) になること、そして、葉緑素が抜けてアルビノ化している。自生種はワシントン条約によって保護されているので、接ぎ木されたものが栽培用に販売されている。
b0111568_9392575.jpg

 接ぎ木部分がグロテスクでちょっと気になるが、接ぎ木ものしかないとなるとやむを得ない。葉緑素が抜けてアルビノ化しているので、台木の葉緑素で生長するらしい。
# by H_W_Moon | 2015-07-06 09:44 | 多肉植物

KCC写真展

 今まで入っていた写真グループ「あじさいの会」が解散してしまったので、何か発表の場が欲しくて鎌ヶ谷カメラクラブ(KCC)に入って初めての写真展が始まった。KCCは会員20名、各人半切相当の写真を3枚づつ出品するので合計60枚の写真展示はなかなか壮観である。
b0111568_902585.jpg

 私の出品作は、春、夏、秋に撮影した写真を一枚づつ選んだ。
春は「しだれ桜」と題したこの一枚。以前身延山久遠寺に出かけたときの写真で、好天に恵まれ青空にピンクの桜の花が映えて気に入っている。
b0111568_9185964.jpg

 夏は「心頭滅却スレバ」と題した手筒花火の写真である。クラブツーリズムの写真ツアーに昨年参加し館林で撮影したものである。最近観光の目玉にするべく、三河地方から技術指導を仰ぎ、始めたようである。
b0111568_9275458.jpg

 秋は「妖精の森」と題した秋田県森吉での写真である。撮影旅行で「桃胴の滝」や「安の滝」などを撮影して回ったが、桃胴の滝に行く途中の川霧である。MAMIYA645の予備カメラとして持って行ったEOS20Dで撮影した一枚である。
b0111568_9372121.jpg

# by H_W_Moon | 2015-07-02 09:40 | 写真展